Japan Security Analyst Conferenceとは

日々発生するサイバー攻撃は、刻々と変化しており、そのようなインシデントの分析・対応を行う技術者もそれに応じてスキルアップが求められています。 一方で、インシデント分析・対応に関連した技術や知見が共有される場が国内で少ない現状を踏まえ、日本国内のセキュリティアナリストの底上げ行うために、 国内のセキュリティアナリストが一同に介し、インシデント分析・対応に関連する技術的な知見を共有し、日本全体でサイバー攻撃に対抗することが必要であると考えます。

JPCERT/CCでは、その思いからセキュリティインシデントを日々対応する現場のセキュリティアナリストが集い高度化するサイバー攻撃に対抗するための情報を共有することを目的にセキュリティインシデント分析・対応のための技術情報共有カンファレンス「Japan Security Analyst Conference」 (JSAC)を開催します。

本カンファレンスに参加してご自身の知見・技術・情報を日本国内のセキュリティアナリストと共有してみませんか?

開催概要

名称 Japan Security Analyst Conference 2019 (JSAC2019)
日時 2019年1月18日(金)
9:50~17:30(9:20受付開始)
会場 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4丁目6 御茶ノ水ソラシティ
https://solacity.jp/cc/access/
主催 一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター
対象者 マルウエア分析者、フォレンジックアナリスト、SOC アナリスト、ネットワークセキュリティアナリスト、インシデントハンドラー、インテリジェンスアナリスト、セキュリティ研究者
参加費 無料
定員 300名
申込方法 後日掲載 (11月頃を予定)
お問合せ先 Japan Security Analyst Conference 2019 受付窓口
E-mail:jsac2019@jpcert.or.jp

プログラム

9:20 受付開始
9:50 開会挨拶
JPCERT/CC
9:55 - 10:10 オープニングセッション
JPCERT/CC
10:10 - 10:50 未定
10:50 - 11:00 休憩
11:00 - 11:40 未定
11:40 - 12:20 未定
12:20 - 13:20 お昼休憩
13:20 - 14:00 未定
14:00 - 14:40 未定
14:40 - 15:10 コーヒーブレーク
15:10 - 15:50 未定
15:50 - 16:30 未定
16:30 - 16:50 休憩
16:50 - 17:30 未定
17:30 閉会挨拶
JPCERT/CC

※プログラムは都合により変更になる場合があります。


講師紹介・講演概要

準備中

Call for Presentation (1次募集)

JSAC2019の開催に際して、本カンファレンスにおいての講演を広く募集いたします。
講演をご希望の方は、以下の募集要項をお読みいただき、講演概要と共に必要事項をカンファレンス事務局まで送付してください。
皆様のご応募をお待ちしております。

募集要項

講演テーマ 以下のテーマに当てはまる技術発表を募集します。
[A] マルウエア関連 (分析手法、分析事例、検知・分析ツールなど)
[B] フォレンジック関連 (調査手法、分析ツールなど)
[C] インシデント調査・対応事例・攻撃手法
[D] 脅威動向・インテリジェンス (攻撃キャンペーン、OSINT など)
講演言語 日本語(英語も可。ただし講演時の同時通訳はございません。)
講演時間 40分 (質疑応答時間を含む)
申込み方法 必要事項を記入のうえ、電子メールにてお申し込みください。(日本語(英語も可)でご記入ください。) [必要事項]
  • 講演タイトル
  • 講演者名
  • 講演者の所属
  • 講演概要(2,000文字以内)
  • 講演内容のアウトライン (講演資料、講演に関する参考資料などがある場合は、添付してください)
  • 「講演テーマ」に記載された項目から講演内容に近い分野を選択
  • [A] マルウエア関連 (分析手法、分析事例、検知・分析ツールなど)
    [B] フォレンジック関連 (調査手法、分析ツールなど)
    [C] インシデント調査・対応事例・攻撃手法
    [D] 脅威動向・インテリジェンス (攻撃キャンペーン、OSINT など)
  • すでに公開済みもしくは事前に公開予定の内容か
  • 公開済みの場合は、既存発表からのアップデート内容
  • 聴講者にこの発表から伝えたいポイント (具体的に3つ程度上げてください)
  • ツールの公開有無
  • 講演者のプロフィール
  • 連絡先メールアドレス
応募締切 (1次) 2018年10月5日(金) 23:59 JST

選考方法

JSAC2019プログラム選考委員が応募内容を審査の上、講演を決定いたします。選考結果は、応募された方に後日電子メールにてご連絡いたします。
以下のような発表についてはCFP選考で優先されます。
  • 新しいツールの公開
  • 発表された情報を実際の分析などに活用しやすい
  • 新規性があるもの

また、応募の時点で具体的な発表資料ドラフトなどを添えているものに関しても優先的に評価されます。

詳しい選考基準や選考結果の詳細などについてはお伝えいたしませんので、あらかじめご了承願います。
なお、プログラム選考委員自身および所属組織の方がCFPを応募した場合は、該当者を除く委員によって評価します。

以下は、CFPの例です。作成の際にご参考ください。
CFP例

プログラム選考委員 (以下、五十音順)


新井 悠 (トレンドマイクロ株式会社)
石川 芳浩 (株式会社ラック)
石丸 傑 (株式会社カスペルスキー)
鈴木 博志 (株式会社インターネットイニシアティブ)
中津留 勇 (SecureWorks Japan株式会社)
春山 敬宏 (Symantec Corporation)
朝長 秀誠 (JPCERT/CC)

2次募集について


本CFP募集以降に発生した最新のインシデント情報などを発表いただくため、2018年10月頃よりCFPの2次募集を行います。
2次募集に関しては、採用数は1~2件程度と少なくなっておりますので、すでに発表いただける内容がある場合は、1次募集に応募いただくことをお勧めします。

注意事項


特定企業のサービスや、製品等の宣伝に資する内容はお断りいたします。

応募いただいた資料につきましては、プログラムの選考にのみ使用し、プログラム選考後は廃棄いたします。
講演資料については、後日公開を予定しておりますが、非公開を希望する場合は、対応させていただきます。


アーカイブ

JSAC2018レポート1 / レポート2